top of page

ジャカルタの最新レポート 2020年の外国人観光客大幅減

インドネシア中央統計庁(BPS)の発表によると2020年1月から12月の間インドネシアを訪れた外国人観光客は約400万人で前年の約25%にとどまりました。もちろん新型コロナウィルスにかかわる入国制限による影響ですが、前年の4分の1というレベルは尋常ではありません。短期商用目的での入国も激減し経済活動への悪影響が懸念される一方、観光産業で地域経済が成り立っているバリ島など、その打撃は相当深刻です。新型コロナ感染拡大が早く終息することを祈りたいです。

以下の資料は2015年から2020年までの外国人観光客の訪問者数推移です。


出典:インドネシア中央統計庁の資料より抜粋

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page